奥二重と一重について

女性の憧れであるパッチリ二重。
二重になんとか近づこうと、アイプチや整形に挑戦する方もいますよね。
でも一重より厄介なのが奥二重。
ある日突然、なぜか二重の日があったりと、本人ですらよくわからないタイミングで二重になったりします。

 

ところで奥二重というくらいですから、頑張れば二重になるのでしょうか?

 

今回は奥二重について見ていきましょう。

 

奥二重とは?

そもそも奥二重とは何なのでしょうか。
これはいくつかの説がありますが、一般的なのは「まつげの根元が見えなかったら一重」「まつ毛の根元は見えているけど、はっきり二重になっていない場合は奥二重」と言う分類です。
また奥二重の人の特徴として、目がしらからずっと一重に見えるのに、目じりだけ二重というのもあります。

 

なぜ奥二重になる?

奥二重になる人は、元々は二重になっている人がほとんどです。
ところがそこで、何らかの理由でまぶたに脂肪や筋肉が付き、まぶたが厚くなると奥二重になってしまうようです。

 

奥二重は二重に出来る?

つまり、奥二重は元々が二重なので、場合によっては二重に直す事も可能ではあります。
(ただし絶対ではなく、あくまで一重の人より可能性が高いというだけなのでご注意ください。)
では、具体的に二重にする方法を見ていきましょう。

 

マッサージをする

奥二重の原因は、まぶたに余分な脂肪や筋肉がついて厚くなっているせいです。
なので、マッサージで老廃物を流し、血行を良くしてあげると解消されます。

 

目の周りの筋肉を鍛える

脂肪が付いていると言う事は、その脂肪を燃焼させる「ダイエット」をさせなければいけません
目の周りにはたくさんの筋肉があるため、それらを鍛える事で、目の周りの脂肪が燃焼されていきます。

 

アイプチを使う

アイプチを使うと二重になりやすいのも、奥二重の特徴です。
中には、アイプチを使い続けていた事で二重のクセがつき、二重になったという方もいます。
ただし長時間のアイプチ使用は、お肌のトラブルになるので避けましょう。

 

いかがでしょうか?
奥二重も一重と同様、アイメイクなどで苦労する事がありますが、実は二重になる可能性はあるのです!
どうしても悩んでいる方、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?